ヤマハ B−1

0

     暮れも押し迫った12月29日、mazdaluce3000師のとこへ行きました。横浜

    在住のE守さんからレストア依頼のあったアンプの受け取り立会人として。

    アンプはヤマハB-1だ。なんたって重い、なんたって熱くなる、負の力を大きく

    凌駕する性能の持ち主とは、いまだにオークションでは壊れていても10万程度

    で商いが成立していることをみても魅力の大きさが判断できる。

     

     当店に問い合わせる前に、他所でレストアしてもらって、返ってきたら音が

    変わっていたというんだな。よく聞くんだ、そういうこと。私は最初っから

    mazdaluce3000さんだったからそんな目に遭わないで済んだけど。その費用

    20万円。その程度で済んでよかったとは師の弁。お客さんの中には繰り返して

    後にようやく師のところへ流れ着いたなんて方も少なくないんだ。ネット社会

    の弊害はこんなところにも出来する。

     

     すでに痛い目にあってるE守さん、のっけから疑心暗鬼満々でね、ちゃんと

    直るんでしょうか?とおっしゃる。ならば、当店に来て見てくんしゃい、ウチ

    のアンプはすべて師の手になるもんだから、おおよそ見当はつくでしょう、と

    伝えたらすぐに来たことはすでに記事にした。で、まずは工房へ行こう、で

    レストア依頼、で完成の報を受け、押っ取り刀で受け取りと相成った次第。

     すぐに出されたのが交換部品の数々。およそ120〜30位はある。それぞれ

    交換理由と部品の性能を解説。

     絶対に交換しなければならない大型コンデンサーだ。二個使われている。

    師が、かなりの苦労の末、ついにめっけたオリジナルを上回る性能であり、

    サイズもギリギリ収まるものに交換してあります。これだけで数万円は

    します。

     さあて、いよいよ実機を使っての検証に移る。ビスを外しながら一枚づつ

    パネルの解説と測定開始。

     レストア過程で修理した部分写真をパソコンで拡大説明。右の一筋の線は

    劣化した基盤をハンダで補修した痕跡。もちろん、同時に実物を手に取って

    見比べながら。

     レストア後の基盤。相変わらずキレイでていねいは一目でわかる。質問が

    あれば即答してくれる。その惜しみなさに感心する。なんて親切なんだ。

     いよいよ測定だ。チン恋ピン先であちこちをつまんで、一つずつ測定値

    を説明。

     こんなふう。ヤマハの指定値をはるかに凌駕する数値が次々と披露される。

    師はいかにも満足げだ。技術者としての誇りが満たされた瞬間なんだろうな、

    きっと。

     ついでにリレーの説明。こうしてやれば自分で清掃できますよ、ってな

    具合でね。これら一連のレクチャーはよどみなくスムーズに行われます。

    躊躇することなんかまったくない。ぜ〜んぶアタマん中に入っとるんだろ。

     最後に裏面。ここが壊れることよくあるんだ、と指で示す。壊れる理由も

    説明してくれる。ふ〜ん、感心しっぱなし。

     

     B-1の内部を詳細に見たことないし、音も聴いたことないし、受け取りに

    立ち会ったこともない、ないないずくしの私にはとても面白いひととき

    だったんだわさ。アンプのレストアってぇのは、目で見る事できないし、

    聴くにしてもそれぞれの耳次第、曖昧な部分がすごくあるもんね。イイか

    どうかを判断する基準がむずかしい。それを少しでも補おう、仕事の中身を

    明らかにしたい、むろんレストアの内容には自信はあるし、出来るだけの

    完璧さを目指したいココロではあるけど、すべてをさらけだしすべてを

    説明し、お客さんの不安猜疑心を少しでも減じたいという師の気持ちは

    充分理解出来ました。

     

     さらに、B-1のフルレストアはおおよそ50万円なんだけど、予算の都合で

    30万円の範囲内でという制約付きが、今回。真っ先にやらなければならない

    とこを最優先、だから保護回路には一切手をつけていない。万一の際には

    保証しかねるのはいたしかたない。加えて表面パネルや内部の細々とした

    部品交換も省かざるをえない、今後残金の手当が出来た段階で、それらに

    手を加え、正真正銘のフルレストアになる、ということにいなっているん

    どすえ。つまり、分割レストアってこと。これなら少しずつ直せるんだから

    いいんじゃないかしらネ。

     

     とはいっても、こちとら関係者であることは間違いないからさ、いくら

    美辞麗句並べ立てたところで、信用するしないは相手次第だよね。もし

    アンプが不調で思案投げ首のお方がおられたら、ダマされたと思って一度

    お問い合わせなさったらいかがでしょうか?

     受け渡しはおよそ2〜3時間、外に出てみたら見事な夕日だ。

    こりゃキレイだぜ。

     

    でもって謹賀新年・・・・・・・・・な、店主でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:568 最後に更新した日:2018/09/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM