ゴッドファーザー

0

     いつだったか、双葉十三郎著「ぼくの採点表3」を読んだんだ。ふと

    気になった「ゴッドファーザー」、双葉氏の評価を知りたくてね。私は

    いい映画だと思ってるけどさ。星印の評価を点数に直すと70点で「見ても

    いい」レベル。ちなみに最高位が80点以上で「ダンゼンよろし」、75点が

    「上出来の部類」、65点は「見てもいいが少し落ちる」、60点「平凡な

    出来ばえ」、55点「水準以下だが多少の興味」、50点以下「篤志家は

    どうぞ」となっている。

     

     でね、講評文の最後に

    「コッポラ監督は殺傷場面を強調せずにこのような<家庭の事情>を

    じっくり描き、大作品らしい貫禄をつけているが、ぼくはマリオ・

    プーゾの面白い原作を先に読んでしまったせいか、なんてこともなかった」

    と書いてあるじゃんか

     

     あれほど当たった映画だし、何度も見ているからさ、すでに読んでると

    思うけど、すっかり忘れてる。そう仰るなら原作とやらを読んでみようと

    図書館で借りてあっという間に読了。文庫上下巻。

     

     なるほどね、確かに原作と比べたらかなりな薄味だ。文字と映像という

    媒体の違いもある、時間的な制約もあるから仕方ないことは理解できる。

    て、なんて偉そうなんだ。原作を読みつつAmazonプライムで映画を見る、

    交互にこれを行えば違いははっきりわかる、けっこう面白いんだコレが。

    映画に出てこない印象的な部分、息子を殺されたゴッドファーザーが

    停戦会議を提案することになったでしょ。そこで仲介人を誰にするか?

     

     原作ではボッキッキオ一族が請け負うんだ。彼らはシシリーのマフィア

    の中でもとりわけどう猛で有名だったけど、アメリカでは平和を保つ

    役割を果たすようになった。そのワケはて〜と

    1 血縁によって強固に結びついた組織

    2 彼らの家族間の忠誠は、とくに厳しいものであった

    3 愚直の気質、あるいは単に原始的であるのかもしれない

    4 売春、賭博、麻薬、詐欺といった洗練された組織作りは苦手

     

    5 彼らの価値ある資質は、名誉を重んじる心とどう猛さという2点

    6 決して嘘をつかず、裏切りを許さず、策謀や騙しとは無縁

    7 受けた侮辱は忘れず、どんな犠牲を払ってでも復讐する

     

     そんな彼らの仲裁方法は、

    1 敵対する同士が会うとき、ボッキッキオの誰かが身代わりとなって

      人質となる

    2 もし、相手に殺された場合、身代わりの人質は殺される

    3 そうなった場合、一族はどんな刑罰も恐れずに命がけで復讐する

    4 復讐を止める術はない

    5 つまりボッキッキオの人質は最上の保証物だったわけである

     

     なるほどね〜、マフィアの中でもいろんな職種があるもんだ。

    自分たちの長所、弱点を生かすことに知恵を絞り、厳しい生存競争の

    中で生き抜く位置を占める。なるほどね〜。なんだかワニの歯を

    掃除する小鳥みたいだな。適者生存だったっけ、こういうの。

     

    こんな文章読む方いるのかいな・・・・・な、店主でした。

     


    関連する記事
    コメント
    うーーーーん、なんかとてもおもしろかったです。「物」の事よ―――くご存知なんで、初めて、知ったことが多かったです。勉強しなきゃ。仕事しなきゃ。って感じです。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:598 最後に更新した日:2019/11/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM